館のメニュー

プロフィール

ごんの日記
私生活①
私生活②
私生活③
私生活④

お仕事?
くだもの
水浴び
箱遊び
大好きなブーちゃん
健康管理?
得意技
春の行事
はこべ三昧
越冬?
お立ち台
箱遊び

食道楽
袋で遊ぼう!
PRIDE参戦
チョコとパジャマ
どっちの料理ショー
ごんの晩年
ごんちゃん、ありがとう!

獅子舞小桜説

リンク集
ごんス!のメニュー
ペンギン大好き!
桃千鳥の館
Pekeのたね
さざなみ星人
走ですね…
芋汁庵
何だか写真館

お便りはこちらまで

ごんス!のトップへ

ごんの闘病生活
(晩年)

 今までそのう炎では何回も通院しましたが、今回は大病でした。
 
 2005年9月22日朝、寝床のつぼ巣でひっくり返って体の自由が効かなくなってました。そのまま息を引き取るような状態でしたが、一縷の望みで病院へ連れて行きました。脳に細菌かカビが入ったのだろうということで、先生も言葉を濁しつつ「非常に厳しい状態で、入院して預かることも難しい」と言われました。
 春に痛めた足も全快し、一時は復活したのですが、真夏の頃から足がヨタヨタし始めてました。その時は歳のせいだとばかり思ってましたが、徐々に進行していて、一気に悪化したのだと思います。素人解釈せずに、もう少し早く検診していたらと後悔しました。ごんに申し訳ないです。
 朝晩通院し、注射3本(抗生物質・神経活性剤・栄養剤)とそのうへのごはんの注入を行ってます。朝晩の飲み薬も2種類あります。小さい身体なのに大変です。体の自由が利かず、立てないし、自分でごはんや水も飲めません。


 しかし、朝晩の通院10日間のあと、1日1回になり3日間、次回は飲み薬が切れた時にまでになりました。
 一時は体重32gで先生に危険体重だと言われ、ごはんで口を開けなくなり「とうとうだめか」と思いましたが、カミさんがポッキーのチョこなしの部分をあげたら勢い良く食べだし、その後は日々進歩が見られます。まだ完全には自由に動けず、ぎこちないながら歩いたり、毛づくろいしたり、首を曲げて寝たり、起床の土俵入りポーズや、自分でごはんや水も飲めるようになりました。白内障と言われ一時は物も見えてなかったようですが、回りも大分認識出来てるみたいです。飼育ケースに入れると出せ出せとウルサイくらい元気です。ただ何とか栄養をつけようと、ポッキーの他にも甘栗、卵ボーロ、マックのパンとゴマ等あげたせいで、味をしめてしまい大変です(^_^;)

 10月10日、飼育ケースが手狭になったので、ハムスター用の新居に引っ越しました。

病気の時は毎回お世話になっている昆虫飼育ケース(下にアンカ)
動けるようになって手狭になったのでハムスターケースの新居へ
我が家では「オレンジハウス」と呼んでます
体重35g、小兵力士なんです
日が差す部屋に自分で歩いて行きます

 12月初めの引越しの車移動も無事終了。一時は引越せないのではと思ってましたが、ちゃんと本人は解ってるみたいに元気になってくれました。
 新居は日当たり抜群で朝から午後3時まで日が差しています。おうちや手の平での日向ぼっこが日課です。
 陽が陰るとコタツに入りたがります。中では毛づくろいしたり、羽ばたいたり、うたた寝したりしてます。
 最近の好物は、芋ようかん。口の周りにいっぱい付けながら食べてます。

 まだまだ思うように動けず、バランスが取れなくてぎこちない動きですが、時々無謀にも?飛ぶことを試みたりしてヒヤヒヤさせられます。本人は大変だと思いますが、動きや容姿が雛鳥のようなので「ヒナコちゃん」と最近呼んでます(本当はヨーダじーさんなんですが…)
 何はともあれ、何とかごんと一緒に新年が迎えられることに感謝しています。

もちろん舟○の芋ようかんです。グルメですモン!
ホルモンバランスの影響?で、羽毛が薄くなってしまいました。
鼻の穴も見えてますが、ヒナのようにカワイイです。
日差しが気持ちよくてついウトウトと…
ごはんも色々食べるようになりました。病院の先生の薦めで鰹節やチーズも食べてます。
服の隙間でネンネ
コタツの中では羽ばたいたり、毛づくろいしたり快調です